【2022年1月開始】ANCHOR KOBE × taliki 起業家支援プログラム「MAST Project」を開催します

2022年1月より、神戸市にある会員制ビジネススクエア「ANCHOR KOBE」と共催で、創業1年未満や起業準備中の方を対象とした起業家支援プログラム「MAST Project」を実施します。

HP:https://www.taliki-kobe.work/

プログラム詳細

MAST Project(通称:ますぷろ)は、ビジネスプランを持ち、これから起業を目指している方や既に事業を始めている創業1年未満の学生・社会人を対象にした起業家支援プログラムです。2022年1月8日から約2ヶ月間、仲間たちとの毎週の進捗報告会の他、現役起業家からのフィードバック、講演会、運営によるメンタリングなどが開催されます。

今回はこれまで150名以上の起業家を支援してきたtalikiが、神戸を拠点にスタートアップやビジネスマン、学生とのイノベーション創発を目指すANCHOR KOBE」と共催で、課題解決や新ビジネスに取り組む方の事業化に向けて伴走支援を行います。

◆プログラム検証フェーズ:課題の検証〜ビジネスモデル設計まで

本プログラムは

  • やりたいことのブラッシュアップ
  • 課題の検証
  • 顧客ヒアリング
  • ビジネスモデルの設計

までを徹底して行います。「アイデアはあるものの事業化するための方法がわからない」、「何から始めたらいいかわからない」など、起業前にぶつかるお悩みに対して、事業作りのステップに沿った講義や個別具体にサポートする1on1を実施します。

さらにMAST Projectの特徴は、「仲間たちと相互に学び高め合うコミュニティ」をともに作ること。一人だけでは得られない知や経験を共有することで、自然とプログラム卒業後も継続的に応援しあえる仲間になっていけることが強みといえます。

 

募集内容

■対象
・解決したい課題とプランを持っており、1年以内に起業を目指している学生・社会人の方
・現在事業プランを実行している学生・社会人の方

■期間
2022/1/8(土)〜3/5(土) のうち毎週土曜日13:00-16:00
(※週によって終了時間が異なる場合がございます)全8回

■募集期間
2021年11月8日(月)〜12月17日(金)
最終締切:12月17日(金)23:59
ご応募いただいた方から順次面談を行います。

■応募要件
・毎週土曜日13:00-15:30の進捗報告会に必ず参加できること(オフライン回含む)
・課題を解決するフラットな意思があること
・他の参加者とともに最後までやり遂げる意思があること
・ANCHOR KOBEの会員であること(非会員の方はプログラム参加時にご入会いただきます。)

詳細はHPをご覧ください。

 

ゲスト講師紹介

MAST Projectでは、20代の現役起業家の先輩にお越しいただき、講義やプランのフィードバックを行っていただきます。

<第2回講師 株式会社Kazamidori代表取締役 久保直生さん>
1/15(土) テーマ:ペルソナ設定・ユーザーヒアリング

プロフィール

学生時代は、若者と社会の接続をテーマに、18歳選挙権の実現、オリンピック・パラリンピック、就活と様々な分野の活動に携わる。その後、アメリカ留学中にトランプ政権誕生を目の当たりにし、根本的な社会の分断を解決するために幼児教育に関わることを決める。帰国後、2018年6月に株式会社Kazamidoriを設立。現在は国産有機野菜で作る冷凍キューブの離乳食”土と根”、宅食サービス「ごはんじかん」、ノンカフェインティーブランド「Soyonoma」の販売を行なっている。

taliki.orgインタビュー:「子育ての罪悪感に立ち向かう。非当事者としての商品開発のこだわり」はこちら

 

<第5回講師 株式会社ONE NOVA 代表取締役高山泰歌さん>
2/12(土) テーマ:プロトタイプ作成〜マーケティング施策

プロフィール

慶應義塾大学環境情報学部在学中。大学入学直後に株式会社ONE NOVAを設立し、アンダーウェアブランド「One Nova」を立ち上げる。2019年にForbes 30under30 Asiaに選出。2020年、リブランディングを経て生まれ変わった「One Nova」は、サスティナブル素材から完成したハイテクアンダーウェアとして、国内外のクラウドファンディングで60カ国以上から約2300万円の支援を集める。2021年、女性の「尿モレ」も「生理モレ」も対応できる全世代型吸水アンダーウェアブランド「sponge」をリリース。今後は会社として、「One of a kind Comfort」を軸に、人間生活における基礎を見直し、新しいスタンダードを生み出すことを目指す。

 

 

未来を諦めたくなかった君へ

私たちは、今生きている社会における不安や違和感、痛みを感じ、未来をよりよくするための挑戦する人を全力で応援したいと思っています。小さなことでもやりたいことがある人や、それに対して行動している人が諦めなくてはいけないような社会にしたくない。そんな想いもこめて、未来に向けて挑戦する方と一緒に2ヶ月間伴走します。

今回は、神戸三宮にあるビジネススクエア「ANCHOR KOBE」を仕事場や交流場として活用しながら、個人の事業成長だけでなく知や経験を共有し応援しあえる人たちとの持続的な関係を生み出すプログラム作りを目指しています。起業したい方、起業して仲間が欲しいという方はぜひご参加ください!

 

talikiプログラム卒業生よりメッセージ

2021年7月に実施した、先駆けとなる事業立ち上げ体験プログラム「MAST Project 序」の参加者の皆さんより感想メッセージをいただきました。

北村景一さん(関西大学大学院2回生)

もともと起業するまでの過程がわからなかったので、本を読んで理解していたつもりでした。でも実際にこの場で経営者の話を聞いたり、相談したりする中で起業での苦労や顧客目線を学び、自分が思っていたこととのギャップを知れてよかったです。実際起業していく中でぶち当たる壁の勉強になるんじゃないかな。

 

中西壮さん(神戸学院大学 心理学部2年生)

プログラムに参加すると決めた時はものすごく自分に自信があって、なんなら俺のアイデアが一番最強なんじゃないかって思っていました。だけど実際にプログラムに参加してみると、「自分何がしたかったんやろ」という問いを深く考えさせられて、商売の本質や自分を見つめ直すきっかけになりました。ほんま自分の人生においてためになったなと思っています。

 

砂田安菜さん(グラフィックデザイナー/放送大学)

ビジネスを始めるためのプロセスを丁寧に教えていただけて、楽しく学ぶことができました。意欲のある仲間に出会えたことも、参加して良かったと思う理由の一つです。
プログラムを通して事業を始めるハードルが下がった気がします。

 

渡辺ののかさん(関西学院大学 国際学部1年生)

最初は好奇心で軽い気持ちで参加してみたんですが、ZOOMで毎週みんなとお話ししていろんな価値観をシェアして、お互いインスパイアしあえるような環境が本当に素晴らしいと思いました。みんなの価値観を聞いて別の考えを知ったり、自分の考えも及ばないことを聞くことができて、成長しているのを感じました。

 

ANCHOR KOBEについて

ANCHOR KOBEは、神戸三宮駅にあるビジネス成長や新たな事業開発を目指すビジネススクエアです。神戸新聞社と有限責任監査法人トーマツが共同事業体を結成し、スタートアップや医療産業都市進出企業、神戸の地場ものづくり企業、大学など、様々な知が集結・交流し、イノベーションの創出を促進することを目的に2021年4月にオープンしました。

◆アンカー神戸会員になるとでできること

MAST Projectはアンカー神戸の会員の方対象のプログラムです。非会員の方は2022年1月に3月までの会員としてご入会いただくと、無料でプログラムに参加することができます(その後も月々の契約により継続してご入会することができます)。

HP:https://anchorkobe.com/

みなさんのご参加お待ちしております!

最終締切:12月17日(金) 23:59
お申し込みフォーム:https://forms.gle/fgvFgUvDHoD8uYJj6
MAST Project HP:https://www.taliki-kobe.work/

 

talikiからのお便り
『taliki magazine』に登録しませんか?
taliki magazineのメーリングリストにご登録いただくと、社会起業家へのビジネスインタビュー記事・イベント情報 ・各事業部の動向・社会課題Tipsなど、ソーシャルビジネスにまつわる最新情報を定期的に配信させていただきます。ぜひご登録ください!