jump-button

taliki

「新たな生態系をつくる」タリキチとは?

taliki編集部 2017年12月19日
  1. TOP
  2. インタビュー
  3. 「新たな生態系をつくる」タリキチとは?

talikiは2017年12月、オフィス兼コワーキングスペース※「タリキチ」を立ち上げた。

タリキチプロジェクト

 

なぜ、いまなのか。

なぜ、ここなのか。

株式会社taliki代表取締役の中村多伽に話を聞いた。

中村多伽:

京都大学総合人間学部文化人類学専攻。カンボジアへの教育支援、ニューヨークへのビジネス留学や現地の報道局でのインターン、舞台・映画・ライブへの出演等を通して、「マスを変えること」に興味を持つ。taliki代表。

※コワーキングスペース…事務所スペース、打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事を行うことが出来る場所のこと

 

―オープンおめでとうございます。今はどんなことされてるんですか?

ありがとうございます。

今は登記手続きや不動産契約でバタバタしていたのがひと段落したところで、コミュニティとして活性化しそうな空間づくりなどのハード面の作りこみを建築や心理学に精通する人々と共にしています。

また、参加者の説明会、フォローアップ、メンターやスポンサー様との調整、コンテンツ作り、タリキチのためのネットワーキングなどのソフト面での活動もしています。

 

―おお…。大変そうですね。

至らないことも多くて毎日100回くらい関係各者に謝ってますが、オープンや今後の動きが楽しみなので意外と余裕で頑張れますよ。

でもご迷惑をおかけしている方は本当にすみません。

 

―(笑)早速本題ですが、タリキチとはどんなものですか?

タリキチとは、taliki(タリキ)の基地という意味で、その名の通り株式会社talikiのオフィスです。ただ私たちの目的は「社会課題解決人材を増やし、活性化すること」なので、そんな人を応援できるような仕組みづくりをしています。

たとえば初っ端から始まる「タリキチプロジェクト」は簡単に言うとアクセラレータ―※のようなもので、夢や構想はあるけれどもそれを実現するのにリソースが足りない人たちをサポートし機会提供するプログラムです。

※アクセラレーター…設立間もないスタートアップが成長するためにサポートする場・プログラム。

 

―具体的にはどんなサポートですか?

関西に住む25歳以下を対象に、社会の笑顔の総量を増やすための持続可能なプランの事業化において、二か月間かけて「やりたい」から実現までをサポートします。

オフィスを完全に参加者に解放するというハードの提供はもちろん、投資家やビジネスマン、ソーシャルセクターで活躍している人、地域の人、行政など様々な人々を効果的に巻き込み、繋がりを作ることや、U25のコミュニティの活性化などで人材・情報・資金の面でもサポートが出来ると思います。

―結構、幅広いですね。

そうですね。私たちは京都で、「若手の社会起業家のための生態系」を作ろうとしてるんです。

京都市というところは、規模感は決して大きくはないけれども、アカデミアが多く学生密度が日本一で、歴史的な資産にも恵まれ、ニューカマーも多く、世界的に知られている。すごく不思議な街です。京都以外の方にも常に注目されていますよね。

これらの社会資本をどんどんカタチにしていくと、自然とエコシステムになっていくのでは、と考えました。

 

―参加者が若者というのもそこからきてるんですね。

そうなんです。

京都の大学生たちは、京大・同志社・立命・工繊・造形などなど、様々な分野の様々なバックグラウンドを持ちながら一か所に固まって、お互いを刺激し合い、ユニークな視点を相互関係の中で作り上げていて、とても面白いんです。

一方で、例えば起業やインターンなどの環境だったり、面白いイベントや著名人に会える機会などはほとんどが東京に集中しています。でもこの京都の若者達が、京都に住んでいるというだけで、つまり「お金がない」とか「馴染みがない」というだけで機会に恵まれないのはとても勿体ない。

それなら私たちが機会を作ればいいじゃん!なんなら東京よりもより密で、ここにしか出来ないエコシステムを作ろう!という感じですね。

Next page→「『生まれてこなければよかった』と思ってほしくない」

WRITER

taliki編集部

taliki編集部

社会課題を身近に、楽しく、カジュアルに伝えていくことをモットーにしつつ、真剣に、追い込まれながら記事をアップしています。記事に関する感想、疑問、その他コメントは下のお問い合わせからお送りいただけます。

関連記事