jump-button

taliki

プロフェッショナルな社会人団体だからこそ、学生参画の意義がある!

taliki編集部 2018年6月30日
  1. TOP
  2. 医療
  3. プロフェッショナルな社会人団体だからこそ、学生参画の意義がある!

突然ですが、『プロボノ』という言葉をご存知でしょうか?

プロボノを知らない人も知っている人も、このような考えを抱いたことはありませんか?

「今関わっている学生団体が楽しい。社会人になっても続けたい!」
でもそんなことは無理。分かってる。
せっかく熱量をもって学生時代に取り組んできた活動も、社会人になると引退を迫られてしまう。
あぁー残念・・・

社会人になると日々の仕事に忙殺され、
今の熱い想いは消えていき、つまらない大人になってしまう・・・
あぁー嫌だ・・・

こんな恐れを抱いたことはないでしょうか?

というわけで初めまして(笑)

金沢大学大学院2年の二重作亮太と申します。『ふたえさく』と読みます。

僕は現在NPO法人AfriMedico(アフリメディコ)という団体で『プロボノ』として活動を行っています。

 

冒頭で述べた『プロボノ』とはラテン語で『公共善のために』を意味する言葉です。社会人が専門性を生かして、社会貢献活動をすることを表し、副業禁止の流れが変わりつつある昨今、多様な働き方として注目を集めています。

そしてNPO法人AfriMedicoはこのプロボノによって構成される団体です。

 

つまり、なにが言いたいかというと、プロボノとして活動をすれば、社会人になっても学生団体のような熱い想いを持った活動ができちゃうよということです。

というか、学生のうちから「You、やっちゃいなよ」的なことが言いたいです(笑)

 

僕は組織の中で唯一の学生メンバーです。社会人で構成される団体だからこそ、学生が関わるメリットがあります。

記事の中ではNPO法人AfriMedicoの活動に触れつつ、学生だからこそできること、学生の今の時期だからこそ、あえて社会人の団体に関わるメリットについてお伝えしたいと思います。

以下目次です。

1.AfriMedicoとは?
2.「子どもが高熱で死ぬかもしれないの」
3.薬が手に入ることで救える命
4.始まった置き薬ビジネス。直面する課題。見えてきた希望。
5.学生だからできること。プロフェッショナルな組織に貢献するかたち
6.学生の今だからこそプロボノ組織に関わるメリット

1.AfriMedicoとは?

先ほども述べた通りAfriMedicoはプロボノと呼ばれる社会人によって構成される団体です。

主に医薬品業界で働く人、ITに関する知識を持っている人、コンサル業界で働く人たちなどが自らのスキルを生かして活躍しています。

そんなAfriMedicoのミッションは『医療を通じてアフリカと日本を繋ぎ健康と笑顔を届けること』です。

 

ではそのミッションをどのようにして実現しようとしているのか?

ずばり『OKIGUSURI』です。

ちょっと格好つけてアルファベット表記にしましたが、言い直すと『置き薬』です。

『置き薬』とは、約300年の歴史がある日本独自の仕組みです。詳細は以下の通りです。
この『置き薬』をアフリカ版にカスタマイズ。

『OKIGUSURI』として広め、自分で自分の健康を守ろうとするセルフメディケーションの意識を持ってもらおうと取り組んでいます。*実はアルファベット表記にはちゃんと意味がありました。

Next page→「子どもが高熱で死ぬかもしれないの」

WRITER

taliki編集部

taliki編集部

社会課題を身近に、楽しく、カジュアルに伝えていくことをモットーにしつつ、真剣に、追い込まれながら記事をアップしています。記事に関する感想、疑問、その他コメントは下のお問い合わせからお送りいただけます。

関連記事