jump-button

taliki

ようこそtaliki編集室へ!

taliki編集部 2018年5月15日
  1. TOP
  2. コラム
  3. ようこそtaliki編集室へ!

みなさんこんにちは。編集長です。

このたび、talikiは一緒にメディアをつくってくれるライターさんを募集することにしました!

 

対象:大学生(学校名・学部問いません)

応募〆切:5月31日

求める人物像:文章を書くことが好きな人、メディアで誰かを幸せにしたい人、楽しく読める記事を一緒に考えてくれる人

応募フォームはこちら

 

SNSで先に告知したところ、ありがたいことに既に何件か応募をいただいておりますが、応募は31日まで受け付けておりますのでまだまだお待ちしております!

今回は、ライターって何をするの?わたしにもできる?などのさまざまな疑問にお答えします。

 

Q ライターって何するの?

A ライターというと「文を書く」というイメージですが、実際にはほかにも仕事があります。読者のみなさんが喜んでくれるような記事を企画すること、実際に取材に行くこと、事実関係の確認をとること、そして書いた記事の校正・校閲、公開作業などがおもな仕事です。今回応募してくださるみなさんには、ただ文章を書くだけではなく、企画を考えたり実際に足を運んだりといったこともしていただきたいと思っています。

 

Q 何人くらい採用されますか?

A 人数は未定です!

 

Q わたしは京都在住ではないので、talikiのオフィスに頻繁に行くことはできません。それでも応募できますか?

A 大丈夫です!オンラインでもミーティングできますし、代表や編集長が京都から出るときにお会いすることもできますので、興味があったらとりあえず応募してください!

 

Q talikiのメディアを実はあまり読んだことがありません。それでもいいですか?

A 応募にあたっては、talikiとあなたの考え方が合うかどうか事前にご確認いただくためにも、いくつか目を通していただきたいです。

 

Q ブログとか大学のレポートは書いたことがあるけど、記事は書いたことがありません…

A 大丈夫です!ほとんどの人がそうです。

 

Q 応募フォームに記入した後の流れを教えて下さい。

A 応募フォームを読んで気になった方と面談を実施します!面談でお互い一緒に働きたいと思えたらtalikiに仲間入りです。

 

Q 社会課題にあんまり関心はないのですが、文章を書くことが好きなので応募したいです。

A それは、関心がない、ということをどうとらえるかによると思います。『「社会課題」と言われると興味がわかないけど、こんなふうに社会課題を紹介されると面白いかも』と思えるならきっと記事を企画することはできますし、『今は興味がないけど、自分の興味のある分野を見つけたい』と思うなら編集部で活動をするうちに楽しくなってくると思います!

 

Q どのくらいの期間活動する必要がありますか?

A 長く活動していただけるほどありがたいです!が、最初の一か月くらいはお試し期間として設定しますし、合わない/自分のやりたいことと違うかも…と思ったらいつでも相談してください。

 

Q 記事はどのくらいの頻度で書けばいいですか?仕事にどのくらいの時間がかかりますか?

A 個別に相談しましょう!

 

Q 応募フォームに記入するのが大変です。何を書いたらいいですか?

A あなたが普段考えていること、好きなこと、自分だったらこんな記事を書きたいということなど、基本的にはなんでも大丈夫です!ただ、具体的に書いてもらえるとこちらもイメージしやすいので、できるだけ具体的に記述をお願いします。

 

Q 「talikiの記事の中で好きなもの」を書く欄がありますが、ここはやっぱり編集長や代表が書いた記事を選んだほうがいいのでしょうか?

A そんなことありません!ぜひ正直にお答えください。

 

Q talikiのメンバーに一人も知り合いがいません。不安です。

A 編集長も入ったときはそうだったので大丈夫です!みんな怖くないです!

「タリキチ」で行ったイベントにて

Q talikiの編集室に入るとどんなことが得られますか?

A 今まで知らなかった社会課題や、それに取り組む人々と出会えます。自分の書いたものを読んだ人が喜んでくれます。以下、過去に記事を書いたことのあるtalikiメンバーからのコメントです。

 ー自分の考えてたことを超くだらないと思いながら発信したら、超同意してくれたり泣いたりする人までいて嬉しかった。

 -記事を書くのは難しかったけど、読んだ人が感想をくれるととても嬉しかった。

 

Q どんな雰囲気で皆さん働いていますか?

A  シュールに笑いを求めて働いてます。

 

どうでしょうか。みなさん不安は解消されましたか?

応募締め切りは5月31日なのでぜひどんどんご応募ください!

 

WRITER

taliki編集部

taliki編集部

社会課題を身近に、楽しく、カジュアルに伝えていくことをモットーにしつつ、真剣に、追い込まれながら記事をアップしています。記事に関する感想、疑問、その他コメントは下のお問い合わせからお送りいただけます。

関連記事