jump-button

taliki

「ハンセン病による差別をなくす」―インドで活動した大学生の熱い思い

taliki編集部 2018年1月15日
  1. TOP
  2. 人権
  3. 「ハンセン病による差別をなくす」―インドで活動した大学生の熱い思い

「ボランティア」

僕が嫌いな言葉です。

 

この言葉が示す概念は、別に嫌いでも何でもないです。

よいことだと思います。実際にこの団体で行っていることも、概念的にはボランティア。

 

でもこの言葉、簡単に使われすぎた。

余計なニュアンスが含まれた。

 

差別されている人を助ける。助けてあげる。ボランティアしなきゃ。

僕たちは、貧しい人たちに対して支援をしてあげるんだ。

そんな気持ちで僕は活動したくない。

「支援する」人と「支援される」人。そんな区別を持って活動するのは、ただの自己満足だと思う。

 

「僕は学生団体に所属してボランティア活動をしています」

そんなこと言わない。言いたくない。

 

どこで生まれどのように育ちどんな生活をしようとも、みんな同じ人間

優劣も上下もないはずです。

 

友達が、困ってるから。

自分がやりたいと思うから。

根底にあるのは、そういう思い。

「わたしとあなた」という人と人の関係。

 

ハンセン病、インド、差別。すべて取っ払っても、会いに行きたい。そう思えるんです。

その方が、楽しいと思いませんか?

涙のお別れ。また行くから、待っててね。

語り手:中西烈(筑波大学2年)

インドワークキャンプ団体namaste!ホームページ

WRITER

taliki編集部

taliki編集部

社会課題を身近に、楽しく、カジュアルに伝えていくことをモットーにしつつ、真剣に、追い込まれながら記事をアップしています。記事に関する感想、疑問、その他コメントは下のお問い合わせからお送りいただけます。

関連記事